年齢と虫歯治療

若い時と高齢になってからでは虫歯はどちらが多いのでしょうか。
子どもの時は乳歯から永久歯へ生え変わりますから、ほとんど気にしていないかもしれません。
しかし、永久歯になってからの虫歯には十分注意しなければならないでしょう。
もちろん、多くの人は毎日の歯磨きを欠かしませんが、それでも高齢になって入れ歯をはめている人が少なくありません。
単純に虫歯治療の結果と言うだけではなく、年齢によって歯が欠けやすくなっています。
実際に固いお菓子が食べられない人がいます。
歯だけではなく歯茎が弱くなっています。
入れ歯によって抜けた歯を補うことはできますが、歯茎自体が衰えてしまっている場合には入れ歯が役に立たないこともあります。
入れ歯と違いインプラントならこの問題を解決できます。
インプラントはあごの骨に直接歯を取り付ける手術ですから、あごがしっかりしていればいろいろなアプローチが取れます。
ただ、若い時から歯の手入れを欠かさなければ高齢になっても自分の歯で食べることができるはずです。
中高年になってから考えるよりも若い時に考えておくべきでしょう。
虫歯の治療ではなく予防を心がけなければ意味がありません。
入れ歯とインプラントも違いはありますが、どちらもおすすめすべきではなく虫歯予防をおすすめします。
きれいな歯を保つことが歯だけではなく健康を維持することにもつながります。
インターネットで検索してみると虫歯予防に関する情報はたくさん見つけることができるでしょう。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック