入れ歯で注意すべきこと

歯を抜いただけでは食事の時に困ってしまいますから、入れ歯かインプラントをすることになるでしょう。
入れ歯を選ぶ人が多いですがインプラントと違いいくつか注意しておかなければならないことがあります。
まずは、作った始めの頃は口になかなかフィットしないため、強い違和感があります。
慣れるまでに数か月かかる人も少なくありません。
フィットしたとしても、食べ物のカスが挟まってしまうことが少なくないため、食後に入れ歯を外してきれいに洗わなければなりません。
ただ、食事をしている人の目の前で洗うことは避けたいものです。
食事をしている奥さんの前で入れ歯を外して茶碗で洗う旦那さんの話もあります。
奥さんはいつも嫌な思いをしているわけです。
周りの人に迷惑をかけているわけではありませんが、できるだけ目立たないようにしましょう。
入れ歯はできるだけ歯茎の形に合わせて作っていますが、どうしても違いがあり隙間ができます。
その隙間に汚れが溜まってしまいます。
また、夜寝る時には外して消毒することをおすすめします。
口の中の黴菌が入れ歯にたくさんついていますから、それを夜の間に洗い落とすことができます。
市販の洗浄剤などを利用してください。
入れ歯で注意しなければならないことは口の中が汚れやすくなりますから、常に清潔になるようにしておくことです。
特に食後に注意しておかなければなりません。
うがいをするか、入れ歯を外してブラシで磨くといいでしょう。
清潔感がある入れ歯を保つことが重要です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック