インプラントと食生活

歯の状態は食生活に大きく影響します。
歯が痛いと何も食べられなくなるでしょう。
そこでインプラント治療を行った場合はどうでしょうか。
入れ歯との違いで考えてみましょう。
入れ歯のデメリットは食事の時に食べ物が歯の間に挟まりやすいことです。
これに対してインプラントは通常の歯と同じですから、気持ちよく食べることができます。
治療のための費用は高くなりますが、入れ歯との違いは大きなメリットと言えます。
虫歯がなければ入れ歯もインプラントも必要ありませんが、現実的には気づかないうちに虫歯になってしまうことが少なくありません。
毎日歯磨きをしていても避けられないと言えます。
特に年齢とともに表面よりも内部が虫歯になってしまうことが多くなります。
そのため外面はきれいでも虫歯になってしまいます。
インプラントできれいな歯を取り戻すことが一番いいかもしれませんが、健康保険の適用外であることがハードルを高くしているでしょう。
高齢になれば歯並びを気にする必要もなくなり、入れ歯でも構わない気持ちが強くなってきます。
人から見られることを気にするのではなく、自分の健康を維持するために虫歯にならないように注意することが重要です。
そのために今やらなければならないことを考えてください。
もちろん、歯磨きは基本的なことですが、それだけでは完全に虫歯を避けることができないことを理解しておきましょう。
定期的に歯科で状態をチェックしてもらうことをおすすめします。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック